草加市の婚活事情|埼玉の婚活パーティーならエクシオ

埼玉の婚活パーティー・お見合いパーティーならエクシオ

ご予約・
お問い合わせ
050- 5531- 9451

head_menu

草加市の婚活事情

> > 草加市の婚活事情

草加市は、関東地方にある埼玉県の南東部に位置する、面積が27.46km2ある、草加松原や草加煎餅で知られています。
草加市の人口はおよそ25万人で、埼玉県では、さいたま市、川口市、川越市、越谷市、所沢市に次いで、県内6位の人口を誇ります。また、東京都足立区と毛長川を隔てて接しており、東京に通勤・通学する、世間でいう「埼玉都民」が多く、草加市内の広い範囲に住宅地が広がっています。
高度経済成長期に松原団地の造成や営団地下鉄(現東京メトロ)日比谷線と東武伊勢崎線の相互直通運転が開始したことより、草加市の人口が爆発的に増え、急激な都市化が進んだと言われています。その影響で移住して来た人々が多いため、一時期の団塊ジュニア時代よりも、草加市の子供の人口は少ないものの、若年層の人口は比較的多くなっています。
そんな若年層の人口が多い草加市の婚活事情をご紹介致します。

草加市の特徴

草加市市の特徴

草加市は、関東地方の1都6県にまたがる関東平野のほぼ中央部分にあります。市域の大部分が、河川の流水が洪水時に河道から氾濫する範囲にある平野部では、河川の流路に沿って形づくられる微高地、その河川による堆積作用によって形成される平野にある、湿潤な地形からなる海抜の低い土地となっています。
草加市内には綾瀬川をはじめ、多くの河川が存在するため、江戸時代より各種の治水対策が施されてきました。「百代橋」や「矢立橋」、旧日光街道沿いにある「草加松原」は草加市のシンボルとなっています。かつて舟で荷物を運んだり、行き来したりと繁盛し盛んだった綾瀬川・札場河岸は、今は舟着き場の石段を復元した公園として整えられました。この地を訪れたと言われる松尾芭蕉の像や正岡子規、高浜虚子の句碑なども建てられているほか、五角形の望楼もあります。
草加市では、第3次産業が中心となっていますが、第2次産業もあり、工業団地(草加・八潮工業団地)では製紙工場もあります。また、全国に有名な煎餅として、醤油味がベースの米菓「草加煎餅」が名産となっており、地域ブランド(地域団体商標)になっています。
草加市北部を中心にクワイやハスも収穫されています。そして草加市の花とされているキクを中心に花の栽培が行われていますが、専業としている農家はきわめて少数です。
草加市では、結婚50周年を迎えたご夫婦を祝うために、毎年11月頃に、草加市社会福祉協議会の主催で「金婚式」を開催しています。事前に草加市社会福祉協議会に申し込みが必要となりますが、社協だよりや広報そうかに掲載されるので、期日までに申し込めばお祝いをしてくれます。
また、埼玉県では不妊治療のうち、対象となる治療の費用に対して、(1回の治療につき)15万円もしくは7万5千円を上限に助成をしています。詳しくは埼玉県不妊治療費助成事業のホームページをチェックしましょう。

総人口246,724人(うち男性125,308人、女性121,416人)※平成28年8現在
保育園数43施設 ※平成28年8現在
幼稚園数17施設 ※平成28年6月現在
小学校数21校 ※平成28年8現在
中学校数11校 ※平成28年8現在

草加市の婚活事情

草加市では、埼玉県草加市の街コン『そうか。コン!』というものがあります。宿場町草加市で出会いを創出する地域活性化イベントとして公式ホームページがあります。
『そうか。コン!』のコンセプトは、「来る人には楽しみを、帰る人には喜びを!」「宿場町らしい”おもてなし”の心を参加者の方に提供!!」「音楽の街としての演出を!」「従来のパーティーにはなかったカジュアルな出会いの場を!」「草加市民に、地元飲食店や店舗・施設のさらなる利用・認知促進を!」「草加市近郊の住人が草加市に訪れるキッカケ作りを!」「街ぐるみで地域活性化に向けたアイデアの共有を!」「草加市から全国に向けた元気発信を!」と、8つのコンセプトからなっています。
第1回目の初開催は2012年3月に開催され、20歳以上の男女各約150人が出会いと交流を楽しんでいました。その後はたいへん好評のため何回か開催しております。 また、2015年には講師を呼び、草加市主催の『婚活力アップセミナー~草加男児育児塾・草加ナデシコ養成講座~』が行われました。セミナーで異性の事を学び、自分の魅力を磨きながら、セミナーの合間には昼食会があり、セミナー後には交流会も行われました。
草加市自体には結婚相談所も多数ありますが、結婚相談所へは簡単にネットで登録が可能です。

1.結婚相談所

草加市にはたくさんの結婚相談所があります。大手企業の結婚相談所や個人の結婚相談所などと様々です。
結婚相談所は一対一の対面式となっており、パーティーよりもゆっくりとした会話ができます。そこに結婚相談所のアドバイザーのサポートがあるので、婚活パーティーよりも緊張せずに話ができますし、婚活の相談にものってくれます。また、結婚相談所は婚活パーティーよりもより結婚に対して真剣な方が結婚相談所に登録しているので、婚活パーティーに不安や不満がある方は、マンツーマンで相談にのってくれる結婚相談所がおすすめです。

2.大型施設を利用した婚活パーティー

大型施設を利用した婚活パーティーとは、まず参加者全員の異性と短時間で話をします。そのあと、気に入った方と話をする時間を設けます。カップリングが成功すれば、そのまま連絡先交換やデートもできるので結婚相談所よりも気軽に出会いが望めます。一度にいろんな方と出会いたい方は婚活パーティーがおすすめです。結婚相談所とは異なりますので、結婚相談所が苦手な方に。

婚活パーティーとは

婚活パーティーとは

「結婚相談所ってどんな所?」「婚活パーティーってなに?」「合コンとは違うの?」「結婚相談所とどう違うの?」と疑問を持つ方もいるでしょう。
婚活パーティーとは一度にたくさんの異性と出会える場のことをいいます。合コンは少数で行うことが多く、自分と合わない人がいてもとりあえず話をして終了時間を待たなければいけません。
しかし、婚活パーティーでは「合わなければ次!」というように、たくさんの人と知り合うことができるのです。また、結婚相談所を利用するような婚活に真剣な人が集まるため、将来を考えて付き合える相手を探すことができるのも婚活パーティーの特徴です。

婚活パーティーの種類

婚活パーティーの詳細を紹介していきましょう。結婚相談所と似た印象もありますが、結婚相談所とは違います。婚活パーティーは大きく4つに分けられます。

レギュラーパーティー
個室パーティー
大人数、ビックパーティー
そのほかのパーティー

レギュラーパーティーは婚活パーティーの基本で、結婚相談所のように一対一で対面してじっくり会話をするパーティーです。結婚相談所のようですが、結婚相談所とも違います。
個室パーティーはその名の通り、個室でプチお見合いのように相手と話しができるパーティー。ビックパーティーはとにかく多くの参加者がいるパーティー。そして、その他のパーティーはクッキングやフットサルなどのレクリエーションを伴う婚活パーティーのことを指します。
結婚相談所のように、じっくり話をしたいのか、レクリエーションなどで仲良くなりながら相手を知りたいのか、好みのもの選びましょう。

まとめ

若年層の人口が比較的多い草加市では、様々な形での婚活が行われています。もちろん、それらに参加して初めて婚活したという事になります。
婚活パーティーや結婚相談所など、先ずは何か一歩踏み出してみてください。出会いの形にも、婚活パーティーや結婚相談所、街コンなど色々ありますが、その婚活が自分にあっている婚活のスタイルか分からないという方も、一度気軽に婚活パーティーなどに参加してみたり、結婚相談所に登録してみたりと、自分にあっている婚活は何なのか探してみてはいかがでしょうか。
結婚相談所は「敷居が高い」「費用が高額」というイメージがありますが、最近はリーズナブルな金額設定の結婚相談所もたくさんあります。婚活パーティーは初めて参加するという方もたくさんいるので、参加しやすいと思います。様々なサイトで、婚活パーティーや結婚相談所などの情報を見ることが出来ます。
気になった方は是非、草加市の情報サイト是非チェックしてみてください。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Page TOP

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.